上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
山口県知事選公開討論会 004

 山本繁太郎前知事の病気辞任に伴う山口県知事選が2月6日に告示され、2月23日に投開票が行われます。
 これに先立ち、2月
4日夜に、日本青年会議所中国地区山口ブロック協議会(米重尊雅会長)が公開討論会を山口市の県教育会館で開催しました。公開討論会には、約150人が参加し、無所属新顔の元民主党代議士高邑勉氏(39)=生活推薦=と共産新顔の元周南市議藤井直子氏(61)が出席しました。無所属新顔の元総務省職員村岡嗣政氏(41)=自民、公明推薦=は「日程調整がつかない」として欠席しました。
 高邑、藤井両氏の「目指すべき山口県の姿」や1年以内、4年以内、長期でそれぞれ行う重要施策を書いたマニフェストが配布されました。コーディネーターは当会代表の林紀行(環太平洋大学准教授)が務めました。上関原発計画については、高邑氏から「白紙に戻す」、藤井氏から「計画は中止。全国でも原発はゼロにする」との発言がありました。有力候補の欠席はあったものの、2012年の山口県知事選の初めての公開討論会に続き、2回連続2度目の公開討論会の開催となりました。
=写真は向かって、右が高邑氏、中央が藤井氏、左が林=
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。